ファンづくりアカデミー

ブログ

TOP » ブログ » 「採用する力」をすべての企業に!ファンづくりカンパニー株式会社 代表取締役 篠塚大輔インタビュー

「採用する力」をすべての企業に!ファンづくりカンパニー株式会社 代表取締役 篠塚大輔インタビュー

ファンづくりアカデミーを主催するファンづくりカンパニー株式会社 代表取締役の篠塚 大輔が、ライターの鹿倉安澄さんからインタビューを受けました。インタビュー記事を弊社ブログに掲載いたします。

働く人と企業、双方の幸せの実現を目指して「価値観のマッチングを重視した採用」を軸に、採用戦略の支援サービスを展開してきたファンづくりカンパニー。代表の篠塚大輔さんはこの春、新たな試みとして「ファンづくりアカデミー(以下「アカデミー」)」を開講されました。

スクール形式で学べるアカデミーでは現在、「ソーシャルリクルーティング実践講座」受講者の皆さんが、実践的な採用マーケティングを習得すべく奮闘の真っ最中だそうです。

今回は、現在手掛けている事業からファンづくりアカデミーを立ち上げた経緯採用戦略にかける想いについて、ライターの鹿倉安澄がお話をうかがいます。

求人広告の営業からキャリアをスタートし、大手から中小企業まで幅広いクライアントとお仕事をされてきた篠塚さん。マネージャーとしてプロジェクト全般を任されるなかで、人材採用・育成の経験を活かして、2014年に企業の採用戦略を支援する「ファンづくりカンパニー」を創業されました。

現在は採用戦略コンサルタントとして「辞めない人材の採用」 をテーマに活動されています。

採用戦略を支援する キーワードは「ファンづくり」

私も以前、採用業務に携わっていましたが、求人のための文章を考えて、サイト掲載作業をして、応募者の対応をして…と、とても大変だった覚えがあります。ファンづくりカンパニーさんの事業のコアである「採用戦略の支援サービス」、とても興味深く感じます。

篠塚 中小企業にとって採用業務は大きな負担です。社長さんや他業務に従事する方が採用業務を兼任していることも多いのが現状です。“自己流”ではうまくいかず、かといってやり方もわからず、悩んでいらっしゃるんですよね。
ざっくり言うと、企業が求める人材に巡り合い、入社に漕ぎ着け、長く働いてもらう、そのサポートが私たちの仕事です。

ファンづくりカンパニーでは、人材採用を目的としたウェブサイト制作や、求人検索エンジンIndeedへの掲載代行を行っています。求職者に対して企業サイドから直接アプローチする際のお手伝いや、「ここで働きたい」と思ってもらえるようイメージアップのための企業ブランディングなど、この他にも、採用に関する業務を手広く扱っています。

企業ブランディングと、採用戦略次第で「辞めない人材」が採用できるとか。その秘訣はどこにあるのでしょうか?

篠塚 私たちの提案するブランディングの核は、社名にも入っている「ファン」という考え方です。さほど難しいことではなくて、求職者や従業員に、会社を大好きになってもらう、要するに「会社のファンになってもらう」ことを目指しているんです。

ファンになる理由は「社長が好き」「仕事が好き」「一緒に働く仲間が好き」など、人それぞれで構いません。とにかく会社を好きになってほしい。その気持ちがあれば、みな自主的に勉強しますし、スキル不足や経験不足もたいていカバーできます。困難にぶつかったら即離職、ともなりにくいので、人材の定着にコミットできるというわけです。

「良い組織にする」「誠実に発信する」をセットで続ければ、自然と人材が集まる会社に

篠塚 昨今、求職者に対する求人数が増加し、採用の難易度は非常に高くなっています。求職者がどんな情報を求めているのかよく考えて求人広告を打たなければ、採用まで漕ぎ着けられません。

そこで大切な要素が、情報の「透明性」です。

悪いところを隠し、良いところばかりを強調した求人情報を出したら、応募はたくさん来るかもしれません。しかし、実際に一緒に働けば必ずボロが出ます。“話が違う”とわかれば、士気も下がり、そのうち退職してしまうでしょう。すぐに次の求人を出さねばならず、教育にコストもかさむという悪循環のループに陥り、得るものがありません。

さらに、退職者が続いても一昔前なら「それで終わり」で済んだかもしれませんが、今はそうはいきません。就活サイトで悪い口コミが重なれば、その先ずっといい人材に恵まれない、なんて事態もあり得ます。

結局のところ、表だけ着飾っても意味がなくて、誠実にやるのが一番なんです。

「素の姿」を見た求職者の方が、素敵だと感じて応募してくれたら理想的ですね。

篠塚 採用活動も応募者が、「何を望んでいるか」「何を知りたいか」「何に魅力を感じるか」よく考えて、ありのままを発信していけばいいんです。

要は、会社を良い組織にすることと、それをシェアしていくこと。シンプルですが、この2つをセットにして続けていけば、自然と良い人材が集まるはずです。

「採用できる力を身につけてほしい」ファンづくりアカデミー立ち上げのきっかけ

「ファンづくり」というコンセプトの延長線上で始まったアカデミー、最初に用意したソーシャルリクルーティング実践講座「採用活動のためのSNS運用術を学ぶ」というものです。社内に蓄積したノウハウは虎の子とも言えるほど貴重な情報ですが、社外に共有するという発想になったのはなぜでしょうか。

篠塚 大元にあるのは、企業が自力で採用活動をできるようになってほしいという想いです。

SNSを使ったリクルーティングは、参入のハードルが低く、コストも抑えられるので中小企業と相性が良いのですが、採用まで漕ぎ着けるにはテクニックが必要です。人員や時間に余裕がなく、外注せざるをえない企業もあるでしょう。

でも、理想的には、各企業にノウハウが蓄積していくのがあるべき姿かなと思っています。

ただ、それが叶うと、当社のお仕事はなくなってしまうんですけどね。そうなったらまた新しい事業を考えます(笑)

現在の主力事業が縮小されたとしても、お客様の採用業務の成功を共に喜びたい、役に立ちたいと力強く語る篠塚さん。反面、にこやかで優しいお人柄も伝わってきます。

篠塚 加えて、自社だけでSNS投稿まで完結できると、オンタイムで即発信できるようになりますから、情報の透明性やリアル感が大きくアップするんです。運用代行やコンサル・アドバイザーなどを間に挟むと、情報がターゲットの目に触れるまでにどうしても時間がかかってしまいます。

情報の種類によっては、「タイムリー」に伝えるだけでも好印象を与えますから、社内で発信できることのメリットは大きいですよ。

「企業内の態勢が整い、売上も安定。少し余裕が出てきたので、採用に力を入れていきたい」段階なら、ぜひSNS運用は自分たちでやれるようになってもらいたいですね。

ファンづくりのためのコンテンツに求められる「求職者が知りたいリアル」

ひとりで新しいことを始めるのは、誰にとっても心理的ハードルが高いもの。私もビジネス用のSNSアカウントを運用していますが、最初はとても苦労しました。

ファンづくりアカデミーの「ソーシャルリクルーティング実践講座」では、どのようなことを教えてもらえるのでしょうか?

篠塚 企業アカウントの開設や、どのメディアを選ぶべきかといった入門的な知識からお伝えしますが、特に重きをおいているのは「コンテンツ作り」です。

まず「誰に何を伝えたいのか」を掘り下げてもらい、それを実行するにはどんな写真を添え、どんな文面の投稿にすればいいのか、InstagramやTwitter、TikTokなどメディアごとに具体的に考えていきます。

たくさん「いいね」をもらえるような投稿にするにはどうすべきか、というようなことを学ぶのでしょうか?

篠塚 SNS運用を始めると、目的がだんだんと「いいね」稼ぎにすり替わってしまう人がいます。
“誰の目にも届かない”のはNGですが、ただ集客に特化すればいいのかというと、そういうわけでもありません。講座でもお伝えしている大事なポイントは、集客とファン化という2つの異なる段階があることです。

多くの人に見てもらうのが目的なら、とにかくインパクトを重視した投稿で、注目を集めればいい。ですが、私たちが教えるのは「採用のためのSNS利用」です。強いインパクトに引き寄せられて集まった人の中から、一体、何人が応募してくれるでしょうか。また、求める人材が本当にそこにいるかという問題もあります。

言ってしまえば、会社の“ほしい人材”にぴったり当てはまる人が来てくれるなら、たとえ応募者がひとりだったとしても問題はないんですよね。

人を集めるためのコンテンツと、企業への理解を深めてもらう・好きになってもらうためのコンテンツはまったく、種類が違うものです。この点を理解しないと、せっかくSNS運用を始めたのに成果が上がらない、ということになりかねません。

肩肘張らない情報シェアでミスマッチを防ぎ、幸せな採用につなげる

SNSでの投稿は、何を書こうか考えすぎて、余計なことを書いてしまい、あとで「失敗した…」と思うことも。特に、企業アカウントで、求職者に対して「企業への理解を深めてもらう」「好きになってもらう」ためのコンテンツとなると、なかなかアイデアが浮かびません。

篠塚 会社のファンになってもらうための情報発信を!と言われると、ハードルが上がってしまいますよね。でも、難しく考えず、求職者さんと同じ目線に立った、肩肘張らない「リアルな情報」のシェアでいいと思うんです。

会社に新人さんが入ってきたらまず、メンバーや各部署の紹介をしますよね。この部屋はこういう時に使うとか、お昼はみんなでこのスペースで食べるとか、トイレはあっちとか、そういうことから伝えますよね。そのレベル感でいいんじゃないでしょうか。

そんなこと?と拍子抜けするかもしれませんが、それこそが、求職者の欲している「リアル」です。仕事を探している人の知りたい情報は、立派な企業理念や、求人情報サイトの画面に並んだ条件面の話だけではありません。実際に働いたときのことを具体的にイメージできる情報こそ、より価値があるんです。

それに、「好きになってもらおう」「魅力を伝えよう」と意気込みすぎず、「求職者の知るべき内容」に沿った情報を出すことが結局、ミスマッチを減らすことに繋がります。

例えば、商品開発力で高い評価を得ている企業が「経費の入力業務」のポジションの求人募集をかけたとします。「当社の魅力を伝えなければ」と、商品の企画会議の様子や新商品についての投稿をしたくなるかもしれません。

もちろん、取り繕ったイメージではありませんし、嘘でもありません。しかし、投稿を見た求職者が企画や開発に関われるとイメージして、応募してきたらどうなるでしょうか。入社後に経費入力ばかりを任され、異動のチャンスも与えられなければ「こんなはずじゃなかったのに」とがっかりしてしまうのが目に見えています。

採用が目的の情報発信なのですから、「経費の入力業務」を行う先輩社員が普段、どんな仕事をしているのか伝えるほうが、応募者にも採用する側にも有益なはずです。

入社希望者に本当に届けるべき情報はなにか?を考えて、コンテンツを作ることが大切なんです。

ノウハウだけではなく、採用活動を成功に導く「考え方」を伝えたい 

アカデミーを受講してくれた企業のみなさんには「将来的に、採用活動を自社でできるようになってほしい」と語る篠塚さん。SNSの運用はそのための手段の一つにすぎず、本当に伝えたいことはより深いところにあるのだそうです。

篠塚 採用活動を成功に導くには、求職者の目線からみた「自社の魅力」を発掘し、それを伝える必要があります。アカデミーでは、そのための情報整理の方法をお伝えしているんです。会社が成長して状況が変われば、求職者にとっての魅力も、伝えるための最適な方法も変わりますから、根底となる「考え方」を身につけてほしいと思っています。

ファンづくりアカデミーでは今後、さまざまなテーマの講座を開講し、シリーズ展開を視野に入れているそうですね。

篠塚 まだ構想段階ではありますが、採用成功と人材定着のため、「ファンづくり」と並んで大切なのは「良い組織を作る」こと。ですから、そこにアプローチできる講座も企画したいと思っています。例えば、第三者的な視点を入れるなどの方法で「その企業らしさ」を発見し、そこを伸ばしていくための取り組みができればいいですね。

多くの採用活動の支援を通して得た貴重なノウハウを、ファンづくりアカデミーの受講生に惜しみなく共有している篠塚さん。

どんな質問にも真摯に答えてくださるご様子に、お仕事へのまっすぐかつ真剣な姿勢が滲み出ているようでした。採用に関するお悩みは篠塚さんに相談すれば、きっと問題の本質から丁寧に紐解き、解決に導いてくださるのだろうと思います。

ファンづくりアカデミーの「ソーシャルリクルーティング実践講座」は約3か月の短期集中講座ですが、継続が重要なSNS運用、アフターサポート体制の強化もご検討中だとか。今後の展開が楽しみです。

本日はお話、ありがとうございました。

ファンづくりアカデミーに関するご相談お問合せはこちらからどうぞ。

contactお問合せはこちらから